セミナーおよびシンポジウム

 

世界市民と国際秩序の再検討  −カント没後200年にあたって

 

日時:2004年12月2日(木)-4日(土)

 

会場:大阪大学(大阪府吹田市山田丘1-2、Tel: 06-6879-8094

            京都ドイツ文化センター(京都市左京区吉田河原町19-3、Tel: 075-761-2188

 

主催:大阪大学比較文明学研究室、大阪ドイツ文化センター、京都ドイツ文化センター

 

協力:ブリティッシュ・カウンシル、財団法人日独文化研究所

 

 

 

Seminar an der Universität Osaka und Symposium im Goethe-Institut Kyoto

 

Vom Staatsbürger zum Weltbürger – Kant und Weltinnenpolitik heute

2. – 4. Dezember  2004

 

Veranstalter: Universität Osaka, Institut für vergleichende Kulturwissenschaften,

Goethe-Institut Osaka, Goethe-Institut Kyoto,

mit Unterstützung des British Council und des Japanisch-Deutschen Kulturinstituts

 

 

 

 

会場    Ort

日時    Zeit

プログラム         Programm

 

122日(木)Do.  2. Dezember 

講演                             

日独逐次通訳相澤、三島)   Vorträge, deutsch mit jap. Übersetzung

大阪大学

吹田キャンパス

人間科学研究科

 

Universität Osaka,

Suita Campus,

Graduate School of Human Sciences

 

11:00 – 11:45

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11:45 – 13:15

 

 

 

 

 

昼休み

 

14:45 – 16:15

 

 

休憩

 

16:45 – 18:15

 

 

開会の挨拶:

ヴォルフガング・シュヴェントカー、大阪大学大学院人間科学研究科助教授

小泉潤二、大阪大学大学院人間科学研究科長

ペトラ・マトゥシェ、大阪ドイツ文化センター館長

イントロダクション:

三島憲一、東京経済大学教授

Eröffnung und Begrüßung:

Wolfgang SCHWENTKER, Humanwissenschaftl. Fakultät der Univ. Osaka

Junji KOIZUMI, Dekan der Humanwissenschaftl. Fakultät der Univ. Osaka

Petra MATUSCHE, Leiterin des Goethe-Instituts Osaka

Thematische Einführung:

Ken’ichi MISHIMA, Keizai-Univ. Tokyo

--------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:ハウケ・ブルンクホルスト、フレンスブルク大学教授

司会者:三島憲一

デモクラチック・コンスティテューショナリズム−正義の戦争に対する

カントの対案

Hauke BRUNKHORST, Flensburg:

Demokratischer Konstitutionalismus – Eine Kantianische Alternative zum gerechten Krieg

Moderation: Ken’ichi MISHIMA

---------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:アンドリュー・バウイ、ロンドン大学教授

司会者:ヴォルフガング・シュヴェントカー

ロマンチック及びプラグマチックな視点から見たカントの平和論

Andrew BOWIE,  London:

Kants Frieden aus romantischer und pragmatischer Sicht

Moderation: Wolfgang SCHWENTKER

----------------------------------------------------------------------------------------------

講演者:張 (チャン・チュンイク)翰林(ハンリム)大学教授

司会者:中山康雄、大阪大学大学院人間科学研究科教授

世界市民権、コミュニケーション、歓待の倫理

Chun-Ik JANG, Chunchon:

Weltbürgerrecht, Kommunikation und Ethik der Hospitalität

Moderation: Yasuo NAKAYAMA, Humanwissenschaftl. Fakultät der Univ. Osaka

 

123日(金)Fr.  3. Dezember

講演                                                       

日独逐次通訳相澤、三島   Vortrag, deutsch mit jap. Übersetzung

大阪大学

吹田キャンパスUniversität Osaka, Suita Campus

13:30 – 15:00

 

 

講演者:クラウス・ギュンター、フランクフルト大学教授

司会者:ハウケ・ブルンクホルスト

自由と安全のあいだに立つ世界市民

Klaus GÜNTHER, Frankfurt am Main:

Weltbürger zwischen Freiheit und Sicherheit

Moderation: Hauke BRUNKHORST

 

場所    Ort

日時    Zeit

プログラム       Programm

 

123日(金)Fr.  3. Dezember

講演                                 日英逐次通訳、終了後ジャズ演奏会

                        Vortrag in Englisch mit jap. Übersetzung, anschl. Jazz-Konzert

京都ドイツ文化

センター

Goethe-Institut Kyoto

 

18:00 – 20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------

20:00 ~

 

マッティ・コスケンニエミ、ヘルシンキおよびニューヨーク大学教授:

文明化の使命:普遍史の理念と実践

コメンテータ棚瀬孝雄、京都大学教授

司会者: クラウス・ギュンター、フランクフルト大学教授

 

Martti KOSKENNIEMI, Helsinki / New York

The Civilising Mission: On the Idea and Practice of Universal History

Commentator: Takao TANASE, Kyoto

Chair:  Klaus GÜNTHER, Frankfurt am Main

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

COSMOPOLITAN JAZZ TRIO                                                                            

Andrew BOWIE, Saxophon; Roger WALCH,  Piano; Darren HANNAH, Bass

 

124日(土)Sa.  4. Dezember

パネル・ディスカッション / 発表                                                            

                                                                            Diskussionsrunden /Kurzreferate

京都ドイツ文化

センター

Goethe-Institut

Kyoto

 

11:00 –12:30

 

 

 

 

 

 

 

 

14:00 – 16:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩

 

16.30 – 18.30

 

 

 

 

 

 

 

 

英語のみ(通訳なし)                                           in English, ohne Übersetzung

テーマ普遍史の理念と実践            

パネラー:コスケンニエミ、ギュンター、ブルンクホルスト、棚瀬他

司会: アンドリュー・バウイロンドン大学教授

 

The Idea and Practice of Universal History            

 Panelists:  BRUNKHORST, GÜNTHER, KOSKENNIEMI, TANASE a.o.

Chair:  Andrew BOWIE, London

日独同時通訳                                              Deutsch – Japanisch, Simultanübers.

テーマ:カントと民主主義論                                         

司会者: 高橋進東京大学教授

午前中のディスカッションまとめ

柴田寿子(東京大学教授):

         コスモポリタン・デモクラシーと理性vs啓示の争い

 ハウケ・ブルンクホルスト: デモクラチック・

  コンスティテューショナリズム−正義の戦争に対する ントの対案

(チャン・チュンイク):

         普遍的歓待−カント的観点から見た世界平和の倫理

 

Kant und Demokratie-Theorien

Moderation:  Susumu TAKAHASHI , Universität Tokyo 

Toshiko SHIBATA, Tokyo: Die kosmopolitische Demokratie und der Streit  zwischen Vernunft und Offenbarung

Hauke BRUNKHORST: Demokratischer Konstitutionalismus – Eine Kantianische Alternative zum gerechten Krieg

Chun-Ik JANG: Allgemeine Hospitalität - eine Ethik zum Weltfrieden in  Kantianischer Sicht

---------------------------------------------------------------------------------------

テーマ:コスモポリタニズムと貧困。今日における国際政治のあり方

司会者:  三島憲一、東京経済大学教授

高橋進(東京大学教授):  現代ヨーロッパにおけるカントの平和論

アンドリュー・バウイ:  ロマンチック及びプラグマチックな視点から見た

  カントの平和論

クラウス・ギュンター:  自由と安全のあいだに立つ世界市民

 

Zwischen Kosmopolitanismus und Massenelend. Weltinnenpolitik heute.

Moderation Ken’ichi MISHIMA, Keizai-Univ. Tokyo

Susumu TAKAHASHI: Kant und Frieden in Europa heute

Andrew BOWIE:  Kants Frieden aus romantischer und pragmatischer Sicht

Klaus GÜNTHER: Weltbürger zwischen Freiheit und Sicherheit

 

 

 

 

講 師 紹 介

 

 

アンドリュー・バウイ Prof. Dr. Andrew BOWIE (1952年生まれ)

ロイヤル・ホロウェイ、ロンドン大学 哲学、ドイツ語学・文学教授

HARC(Humanities & Arts Research Centre)創立長、Philosophy Benchmarking Panel for the Quality Assurance Agency for Higher Education会員、Leverhulme Trust奨学生2003-2005、サクソフォン奏者ジャズ

専門分野:現代ドイツ哲学、文学、音楽

http://www.rhul.ac.uk/german/about-us/bowie.html

著作・論文:

Introduction to German Philosophy from Kant to Habermas, Cambridge, Polity 2003

Aesthetics and Subjectivity: from Kant to Nietzsche,1990,  neu überarb. MUP 2003

From Romanticism to Critical Theory. The Philosophy of German Literary Theory, London, Routledge 1997

Schelling and Modern European Philosophy, London, Routledge 1993

・音楽、哲学および近代性をテーマとする著作を準備中

・シェリング、シュライエルマッハーの翻訳

 

ハウケ・ブルンクホルスト Prof. Dr. Hauke BRUNKHORST 1945年生まれ)

フレンスブルク大学 社会学部教授、社会学研究所所長

専門分野:法社会学、民主主義理論、政治と社会、世界的立憲政体論

http://www.uni-flensburg.de/soziologie/brunk.html

Peripherie und Zentrum in der Weltgesellschaft, Hg. zus. mit  Grözinger u. Matiaske; München und Mering 2004

Solidarität. Von der Bürgerfreundschaft zur globalen Rechtsgenossenschaft. Frankfurt 2002;  engl. MIT-Cambridge

Einführung in die Geschichte politischer Ideen, München: Fink UTB,  2000

Globalisierung und Demokratie. Wirtschaft, Recht, Medien; Hg. zus. mit M. Kettner Frankfurt 2000

 

クラウス・ギュンター Prof. Dr. Klaus GÜNTHER 1957年生まれ)

フランクフルト大学犯罪学・法哲学研究所 法理論・刑法・刑事訴訟法教授

フランクフルト社会研究所研究員、雑誌の共同編集者(Kritische Justiz, Constellations, WESTEND - Neue Zeitschrift für Sozialforschung

専門分野:刑法・刑事訴訟法の基礎、法哲学の歴史的及び体系的諸問題、法律のディスクルス理論とグローバル化の法範疇に対する影響、社会政治及び刑法における責任所在の個別化

http://www.ifs.uni-frankfurt.de/people/guenther/

著作・論文:

Recht, Kultur und Gesellschaft im Prozeß der Globalisierung , zus. mit Shalini Randeria, Bad Homburg v.d.H., 2001

The Legacies of Injustice and Fear: A European Approach to Human Rights and Their Effects on Political Culture,

     in: Philip Alston (Hg.), The EU and Human Rights, Oxford 1999: Oxford University Press.

 

張春翼チャン・チュンイク Prof. Dr. Chunik JANG1960年生まれ

翰林ハンリム大学、春川市(韓国) 哲学教授

専門分野批判理論、環境哲学

http://www.hallym.ac.kr/~cijang韓国語

著作・論文

Can practical rationality be explicated independently from the instrumental rationality?

 In: Chol Hak Yon Gu: Journal of the Philosophical Studies 56, 2002

Does the digital environment make the fair-use principle obsolete? – copyright problem under the

 digital environment. In: Philosophy (Journal of Korean Philosophical Association) 69, 2001

Ecophilosophy – Intellectual imagination between science and pratice. In: Humanities Studies

 (Journal of Hallym Institut for Humanities) 6, 1999

 

マッティ・コスケンニエミ Prof. Dr. Martti KOSKENNIEMI1953年生まれ)

ヘルシンキ大学 国際法教授、Erik Castrén Institute of International Law and Human Rights所長、ニューヨーク大学グローバル・ロースクール教授、International Law Commission(国連)メンバー、Institut de droit internationalメンバー、フィンランド外務省外交官(1978-1996

専門分野:国際法の理論および歴史、国際法と社会保障

http://www.helsinki.fi/oik/tdk/eci/martti_koskennieme.html

著作・論文:

The Gentle Civilizer of Nations: The Rise and Fall of International Law 1870-1960. Cambridge 2001

State Succession: Codification Tested Against the Facts, co-ed. With Pierre Michel Eisenmann, 1999

International Law Aspects of the European Union, ed. 1997

From Apology to Utopia. The Structure of International Legal Argument, Helsinki 1989

 

三島 憲一 Prof. Ken'ichi MISHIMA1942年生まれ

東京経済大学 社会哲学、社会理論史、社会思想史教授

専門分野批判的社会理論、近代化論、ドイツ現代思想

http://www.dfg.de/aktuelles_presse/preise/seibold_preis/2001/index.html(ドイツ語)

http://www.tku.ac.jp/%7Ekoho/kyoin-info/e/kenichi_mishima.html

著作・論文:

・『ベンヤミン-破壊・収集・記憶』講談社、1998

・『ニーチェとその影-芸術と批判の間』講談社、第二版、1997

・『哲学・思想事典』編集・執筆、1997

・『岩波 現代哲学シリーズ、15巻』編集・執筆、岩波書店、199296

・『文化とレイシズム』岩波書店、1995

・『戦後ドイツ-その知的歴史』1991

・ガーダマー、アドルノ、ハーバマス、アルフレッド・グロッサー、バタイユの翻訳

 

柴田 寿子 Prof. Dr. Toshiko SHIBATA

東京大学 教養学部、大学院総合文化研究科教授

専門分野:政治哲学、西欧近代の政治思想史

http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/IRS/Navi/

著作・論文:

・「ヨーロッパにおける社会的連帯と補完性原理」齋藤純一編『福祉国家/社会的連帯の理由』ミネルヴァ

  書房、2004

・『<グローバルなリベラル・デモクラシー>と<ワイマールの亡霊>』山脇直司・丸山真人・柴田寿子編「グローバリズムの行方」ライブラリー 相関社会科学10、新世社、2004

・「力の政治と法の政治-ホッブズにおける<政治的なものの概念>」『現代思想』200312月号

・『スピノザの政治思想-デモクラシーのもうひとつの可能性』未来社、2000

 

高橋 進 Prof. Susumu Takahashi1949年生まれ)

東京大学 大学院法学政治学研究科、法学部教授

専門分野:法学、政治学、ヨーロッパ外交史、ドイツ現代史

http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/IRS/IntroPage_J/intro72268361_j.html

著作・論文:

・『ヨーロッパ新潮流』御茶の水書房、2000

・『冷戦と経済繁栄、世界の歴史 第29巻』(共著)、中央公論新社、1999

・『歴史としてのドイツ統一』岩波書店、199911

“Die japanische und die deutsche Außenpolitik; ein Vergeich der außenpolitischen

  Möglichkeiten. In Deutschland und Japan an einem neuen Wendepunkt?“ Hg D.Pezina und R.

  Ruprecht. Bochum 1994

・朝日新聞、読売新聞、月刊誌『世界』等に記事多数掲載。

 

棚瀬 孝雄 Prof. Dr. Takao TANASE1943年生まれ)

京都大学 法学部教授

専門分野:法社会学、現代法理論

http://kyodai.jp/I-Staff.htm

著作・論文:

・『訴訟動員と司法参加-市民の法主体性と司法の正当性-』岩波書店、2003

・『権利の言説』勁草書房、2002

・『紛争と裁判の法社会学』法律文化社、1992

・『現代社会と弁護士』日本評論社、1987